金買取・金貨について


地金型コイン、金貨買取してもらうにも地金と違って小分けにできるので
必要なときに必要なだけ買い取りしてもらえるからいいですよね。
購入する時も資金の余裕に合わせて金貨の大きさを選ぶことができますし。

1オンス、1/2オンス、1/4オンス、1/10オンスなどの各種コイン。
カナダのメープルリーフ金貨だけでなく、オーストラリアのカンガルー金貨、
オーストリアのウィーン金貨、アメリカのイーグルコインなどが地金型金貨として
有名です。

24金金貨の他にも、プラチナでできた白金貨(?)も販売している
お店があって珍しく思ったのを覚えています。
プラチナがこんなに値上がりするとは思ってもいなかったので
残念ながらプラチナ貨の方は買っていなくて残念な今日この頃。
プラチナ貨を買っていれば、今頃スゴイ高値で買い取りしてもらえて
ご機嫌だったでしょうに……

それはさておき、今日は金貨の買取の基本のお話です。

地金型コイン・金貨は、単純な金価格より若干高い値段がついていることを
ご存知ですか?これは金貨にはプレミアムが加算されているからです。
このプレミアムは金貨を買う時も、買取りしてもらう時にも金価格に加算
されますので、金貨は金の地金よりも少し高く販売されると同時に、
少し買い取ってもらえるという計算になります。

ただし!プレミアムが加算されない場合もあります。
例えば金貨の損傷がひどい時、磨耗してしまって重量不足な時です。
要は、金貨をプレミアムつきで買い取りしてもらいたければ
金貨に大きな傷がついたり、曲げてしまうような扱い方、
保存の仕方をしてはいけないということ。

プレミアム付での金貨の買い取りはしてもらえなくても、金としての時価での
買い取りはしてもらえるので深刻な問題ではないかもしれませんが
プレミアム付で買ったものをプレミアムなしで売却するのはもったいない。
買い取り目的の金貨の保存は注意したいですね。

金買取・アクセサリー

金買取というのがいよいよメジャーになってきたのでしょうか?
私が読んでいるメルマガでも金買取について紹介されていました。

……この私に向かって金買取を語りますか……ふふふふふ

謳い文句はお決まりの「使っていないアクセサリー買い取ります」

こんなメルマガにも紹介されるなんて、金買取は注目されているんだなぁ
と思いつつ、貴金属買取業者は宣伝に力を入れているんだなぁとも感心。

確かに、切れてしまったゴールドチェーンや片方なくしてしまったピアスなど
使いようがない上に、修理してもらえるお店を見つけるのも難しい。
修理にお金をかけるより新しいのを買いたくもなります。

金やプラチナなんだと考えると使えなくても捨てるのは躊躇しますし、
貴金属の買い取りでお金になるならラッキーですもんね。

貴金属、金やプラチナ素材のアクセサリー、使わないものを買い取りして
もらえることを単純にラッキーと思える方なら、インターネットで宣伝している
貴金属買取業者のどこを選んでも満足できそうです。

貴金属アクセサリーの買い取りがあまりメジャーでなかった昔は
金やプラチナ素材のアクセサリーを買取してくれるお店といえば、
東京・御徒町ですとか、名古屋・大須ですとか、大阪や神戸など
関西にしても、昔から質屋が発展していたような地域に行くしか
ありませんでしたが、今は違います。

昔ながらの店頭買取だけでなく、遠隔地在住者にも対応したお店が
増えているようです。
着払いOK、見積もり無料、買い取り手数料無料などツッコミどころ
満載の魅力的な謳い文句の数々。

金買取、プラチナ買取を少しでも有利に!と考える方は
単純に目についた広告だけを頼りにするのではなく
一緒にここで考えていきましょう!

金買取・コインの話

貴金属小売店にあるようなペンダントトップになっている枠付の
メープルリーフコイン。実は結構持っています。
金貨だけ買えばいいものを、買取には不利なコインペンダント。
そんな人間が金の買取を語ってゴメンなさい。

人によるとは思いますが、ジュエリーショップを見に行くのが趣味だったので
ジュエリーショップの店頭が一番金を買いやすい環境だったということで。
当時はもちろん、貴金属買取の表示なんて出ていませんでした。
それでも視点は金の重量重視!
1/10オンス金貨のコインペンダントは無駄に安売りされていることもあったりして!

いわゆる広告掲載商品ですね。客寄せ用の目玉商品。
金価格の推移よりむしろ注目ポイントはそこだったかも?
その時々の金価格を抑えていれば何がお得かわかるというもの。

地金としての意味合いの強い貴金属はカードで買えませんが
アクセサリーとしての意味合いが強いコインペンダントは
クレジットカードで買えるというのもGOOD。

さて、金貨といえばプレミアムがついて取引されるもの。
買取のときも購入のときもはずせないポイントですけれど
コインペンダントの場合、金貨のプレミアムを期待しても
いいのでしょうかね?
アクセサリーとして身につけていればキズがつきますし
やはり金の重量での買い取りになるんでしょうね。
総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集